« 04) CSを弄ろう(その2) | トップページ | 06) Scriptの出来る事 »

2008年1月12日 (土)

05) CSを弄ろう(その3)

◎RenderWindowの操作

CSHelp の Getting StartedMy First Dungeon にも書いてあるので、
RenderWindowでカメラや物を操作する時のキー操作覚書。

・物の選択
 左クリックで1つを選択。ドラッグで囲むと複数を一度に選択可能。

・選択した物に注目
 Cキーを押すと斜めから見降ろした俯瞰視点。
 Tキーを押すと真上から見た視点。
 基本的には北を上として表示する。(「NorthMarker」で定めた北には影響されず。)

・カメラ操作1(ズーム倍率)
 マウスのローラーを転がす(デジタル的)。
 Vキーを押しながらマウスを上下に移動(アナログ的)

・カメラ操作2(上下左右への平行移動)
 Spaceキーを押しながら or マウス中央ボタンを押しながらマウスを移動

・カメラ操作3(方角の変更)
 Shiftキーを押しながらマウスを移動。上下左右好きな位置からの視点に出来る。

・物の操作1(場所の移動)
 物を選択し、その物体の上からマウスをドラッグすると任意の位置へ平行移動。
 X、Y、Z のキーどれかを押しながらだと、特定の方向のみへ移動方向を限定。

・物の操作2(回転)
 物を選択し、その物体の上でマウスを右クリックしたまま移動すると回転。
 X、Y、Z のキーどれかを押しながらだと、特定の軸を中心として回転。

・物の操作3(位置あわせ)
 空中に浮かんだ物を選択し、Fキーを押すと一番近い平面まで落下。

・物の操作4(微調整)
 位置決めしたい物をWクリックし「Reference」窓を出す。
 “3D Data”タブの各項目で任意の値を入力。

前エントリで書いていた「店員に所有権のある箱」と言うのも
「Reference」窓の“OwnerShip”タブで設定可能。
この箱は床下などプレーヤーに見えない場所へ配置してもOK。

・設定された光源を無視
 Aキーを押す or ツールバーの電球マークをクリック

・光源の影響範囲を図示
 Lキーを押す。明かりの影響する範囲を円で示してくれる。

・ワイヤーフレームで表示
 Wキーを押す。(余り使った事無い)

・ドアで繋がった先の確認
 ドアマーカー(黄色い角柱と紫の4角錐が組み合わされた奴)をWクリックすれば接続されている場所に描画エリアが移動する。

・その空間に配置されている物の一覧
 CellView窓の右側に表示されている物が配置されている物一覧。
 うっかりと亜空間に配置してしまった物もCellViewからなら探索可能。
 一覧からObjectを選び、Wクリックすると何処に配置されているかが表示される。

|

« 04) CSを弄ろう(その2) | トップページ | 06) Scriptの出来る事 »

Oblivion/Mod」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

操作のまとめすごく役に立ちます。
操作の部分だけコピーして自分用のメモを作らせてもらいました。
素晴らしいページを残してくれてありがとう。

投稿: Cullin | 2015年7月25日 (土) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520018/9848221

この記事へのトラックバック一覧です: 05) CSを弄ろう(その3):

« 04) CSを弄ろう(その2) | トップページ | 06) Scriptの出来る事 »