« HTSC v202 (その7):追加Item | トップページ | 変なタイミングで出るアニメーションの件 »

2008年2月 8日 (金)

HTSCのレシピ本

次のVer用の作業にはOBSEのv0014が必須

どうせOBSE_Loaderの書き換えするんならと、
日本語化パッチの方もBetaテスト中v015Beta3を導入してみました。

日本語化パッチの導入すっごく楽になったねぇ。
iniの書き換えもFontフォルダのコピーも要らないし、
Fontの指定やサイズの変更も付属の「OBJACUST.exe」を使い、
1・2・3・5と言うボタンで各FontFace用の設定を切り替えて変更するだけ。

変更した情報はOblivion.iniの末尾に追記されるので、
Oblivion.iniを書込み禁止にしてたら解除しないと駄目。

で、日本語化パッチを入れ替えて気がついた・・・。

 

折角各ページ毎に綺麗に文面が収まるように調節していたつもりのレシピ本、

標準の文字サイズだったら収まってないやん!!

orz

自分の環境だと少し小さめの方が見やすいと、
1割か2割くらい小さくしてるのをすっかり忘れてました。

v015Beta3であれば3番の項目の全角部分を高さ24、行間16程度に縮小してもらうと丁度良い感じになると思います。

最初のページはタイトルと英文で左1ページ、<粉と生地>の項目が丁度右側1ページ、チーズやスープの項目は左右1ページずつ2ページで構成してたつもりなのです・・・。

|

« HTSC v202 (その7):追加Item | トップページ | 変なタイミングで出るアニメーションの件 »

Oblivion/HTSC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520018/10340488

この記事へのトラックバック一覧です: HTSCのレシピ本:

« HTSC v202 (その7):追加Item | トップページ | 変なタイミングで出るアニメーションの件 »