« HTSC v202 (その5):色々加工 | トップページ | HTSC v202 (その7):追加Item »

2008年2月 3日 (日)

HTSC v202 (その6):燻製

料理の説明:その4

料理パート最後は燻製の作り方。

 

前に出てますが燻製室の入り口です。

Smoke_001

扉の左にある妙な物が燻製室内に煙を充満させるFireBox(釜)
ここに薪を投入すると自動で薪に火がつき、徐々に室内に煙が溜まります。
薪は一定時間経てば灰になっていきます。

煙を発生させている時に扉を開けっ放しにすると煙がどんどん逃げるので御注意を。

扉の前の薪置き場は薪を転がしておく方が感じが良いので柵をつけて転がらないように。

 

燻製室の内部です。

Smoke_002

ランプが1つ、何故かユラユラと揺れています。
格子(?)にくっついてるのが肉を下げるフック。全部で18本あります。

では肉をぶら下げて見ましょう。

掴んでぶら下げる時は使う肉を1つずつバラバラにしておきます。

Smoke_003

で、1つを掴んで持ち上げ、

Smoke_004

フックの傍に持っていくと、

Smoke_005

ぶら下げ完了。
下げた途端に干し肉状態になってますが、

Smoke_006

暫くの間は燻さないと取れません。
(燻製をActivateする事で必要な時間がみれます)

同じフックに別の肉を持っていっても、

Smoke_007

こんな感じで無反応に変わりました。
(以前は新しいのと置き換わり、前の奴が床に散らばった)

肉をぶら下げる方法はもう1つあり、フックを直接Activateする事でも下げられます。
この方法だと箱が開くので中に肉を放り込み、閉じると1つだけ使用して下がります。
余った分は所持品に戻されるので全部放り込んでも御安心を。

肉を必要なだけぶら下げたら、

Smoke_008

部屋の外に出ます。扉はちゃんと閉じましょう。

そして薪を必要なだけ入手。1本で4時間使えます。
燻製は完成するまで14時間燻さないと駄目なので1回に4本くらい使う感じ。

Smoke_009

薪を持ったらFireBoxを開いて

Smoke_010

ぽい

Smoke_011

時間をどこかで潰してくると、

Smoke_011b

Smoke_011c

こんな感じで使い終わった薪が灰になってます。

Smoke_012

燻製作成中、FireBoxの中が灰で埋もれてしまうと火が消えます。
煙がないと燻製の処理は進みません。

灰がある程度以上あるとFireBoxを開けた時にメッセージが色々でます。
適当な所で掃除しましょう。

ちゃんと煙が充満されてれば、

Smoke_013

お肉の方を確認しても処理が進んでるのがわかります。

完成した頃にはメッセージが時々出ます。
完成したお肉を回収しましょう。

Smoke_014

燻製は普通の肉より軽く、生肉よりもお腹が満たされる量が多いです。
旅のお供に便利。

Smoke_015

 

その7を読む

目次に戻る

|

« HTSC v202 (その5):色々加工 | トップページ | HTSC v202 (その7):追加Item »

Oblivion/HTSC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520018/10221363

この記事へのトラックバック一覧です: HTSC v202 (その6):燻製:

« HTSC v202 (その5):色々加工 | トップページ | HTSC v202 (その7):追加Item »